仕事観

仕事

食い扶持を稼ぐためには働かなければいけません。

しかし、技術の進歩により働かなくても生きていける世の中が、1次産業の習熟と社会保障により、すでに日本では到来していると思います。

どうせなら、ストレスなく、やりがいを持って働きたい。

経歴

自己分析

自己分析手法 

ビジネス書

ビジネス書 おすすめ

業界分析

業界分析 難しい

ブログ

英語

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA