通関

【年収430万/25歳】通関業務は稼げる

通関が業務に従事すると稼げます。ただし、残業代です。

残業代時給1,000円のブラック企業に勤めてこの金額でした。

残業100時間を味わって、年収が高くても、地獄を見ました。

給料内訳

基本給:23万円

資格手当:1万円

ボーナス:4ヶ月分

残業代:???(計算が面倒だし思い出したくもない…)

残業100時間が2ヶ月続いた時点で、転職を決意しました。

パソナキャリアを利用して、1ヶ月未満で転職先を決定して、退職しました。

外資系物流会社

某外資系子会社も固定給は似たような形でした。

年収は残業代がきっちり払われた額です。

それでも辞めました。

稼いでいる方でも身体がボロボロになりました。

具体的には、咳喘息にかかり、咳が酷すぎて、夜も眠れなくなりました。

さらに、休日に薬服用でもデパートで呼吸ができなくなり、倒れこむこともありました。

体調不良を訴えかけ、部署移動もお願いしましたが、残業を減らすように便宜を図り、続けるように言われました。

1人だけ早く帰っても、残業はピーク時80時間です。

残業を減らすと言っていたGMは辞めて、何の対応もなさられぬまま、次の繁忙期に突入が決定。

うん。辞めるわ。

すでに後戻りできないほど、身体にガタがきたと咳喘息で思ったので、暴れて、繁忙期前に辞めました。

平均給与

400〜500万円代が通関士の年収のボリュームゾーンです。

同世代(20代)の給与としては、大手の企業では社宅が用意されて、450万円前後。つまり、残業代(残業時間100時間並み)で稼ぐという図式になっています。

小さな企業では、役職手当が加算されて、月額手取りで残業代が多くても50時間程度の会社もあります。

基本給16万円のため、残業代、ボーナスはともに少ないという会社もあります。

中には、基本給が低い形態で、土日のサービス残業を残業代なしで、強要されるブラック企業も存在します。

また先輩(30代〜40代)や他社の外資の情報を聞く限り、やはり、400〜500万円代が通関士の年収のボリュームゾーンです。

通関士として稼ぐなら、大手や外資で、600万円が頭打ちです。

通関士以外の役職(営業)に付かなければ、これ以上の給与は絶対に稼げません。

その他の通関まとめ記事

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA