通関

通関士向いている人【3パターン】

通関士に向いていると十把一絡げには、通関士の仕事がおおまかに3パターンあります。

そのため、向いている性格の人も3パターンあると思います。

具体的にどのような仕事を行なっていきたいかということを自分で振り返ることも必要です。

まず、仕事内容のイメージが湧かない方は具体たいな作業の記事をお読みください。

会社ごとに通関士といっても行う業務が異なるため、面接時にきちんと聞くことがギャップが少なく働けます。

現場に行く

コミニュケーション能力が高い人

税関に行ったり、検査場に行ったり、関連法規を確かめるために立ち会いをする仕事です。

通関士であるは必要ない業務がほとんどです。詳しくは通関士試験の通関業務で暗記必須の無いようです。

そのため、通関士ではない、通関従業者という1週間の研修を受ければ、通関士見習いのような立場で行えます。

しかし、中小の通関士だと全ての業務を行う必要があり、現場に出ることが多くなります。

この仕事をする人は臨機応変にコミニュケーション能力が高い人が向いています。

自分が申告した内容でない貨物について、税関と貨物の確認をしていかないといけないため、申告した人の性格を見て税関に対応することや税関職員への対応が必要です。

少ないですが、中には怒鳴ってきたりする税関職員もいます。

さらに税関関連の場所は僻地にあるため、運転が好きな人です。

運転について中々言及されているブログはありませんが、ドレーが行き交うという恐怖心がまずあります。

さらに、繁忙期睡眠不足の中、生死や会社に損害を与えてしまう車の運転を緊張感を持って運転する能力がないといけません。

書類を作成する

折り合いがつけられる人

申告書類を作成する立場です。

不明な点について顧客に伝達するために、社内の顧客担当(カスタマー、営業など)に分かりやすく過不足なく、説明することが必要です。

さらに迅速な通関が求められるため、細かいだけではいけません。

調停力が求められます。

私は通関従業者として、通関士ではなかったですが、年収は比較的高かったですが、激務のため、この段階で辞めました。

審査をする

精密な仕事を淡々とできる人

判を押すだけのような審査をするのみの会社もあれば、しっかりと入念に些細な間違えも見落とさない緻密な几帳面さが必要な仕事です。

同じチームに疎まれても、細かく指摘する自分の精密さに誇りを持てる人が向いています。

責任感が否応なしに求められます。

申告書作成者がミスをした場合、審査を担当した場合、一連托生の立場のため、厳しい視点が必要です。

まとめ

通関士に向いている人といっても、業務内容が会社によって異なります。

3つの素質が複合的に必要となる場面が必ずあります。

目指すべき将来像をきちんと描いたら、何かしらハマる性格があると思うのです、ギャップなく働けると思います。

その他の通関まとめ記事

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA