通関

通関士試験合格を阻む勢力に打ち克つ方法【難問・奇問】

通関士試験合格ができない理由は、たったの2つです。

1つ目は勉強時間を確保できないという単純な理由です。

2つ目は意外にも、難しい通関士試験だからこそ、通関実務の難問、奇問を必死に対応して、勉強してしまうことです。

一発で独学合格するための心構えについて解説していきます。

勉強時間不足

通関士試験は10月です。

物流業界に所属している方は、繁忙期が治まりつつあっても、祝日が多い余波で勉強時間の確保ができません。

残業を強いる環境

どう考えても、「直前期は定時で帰りたいよね?」と思うのですが、周囲は一切、考慮せず。

仕事ができて、みんなに頼られているからのジレンマ…

単純に誘惑に負ける

合格までの道のりが遠すぎて、「合格できないんじゃないか…」となり、勉強しない。

あまりにも難しい勉強にげんなりして、現実逃避に走るパターン。

進捗管理間違い

勉強時間の配分を間違えると受かりません。

この勉強の計画をしっかりと立てておけば淡々と勉強するだけです。

難問奇問の外れ年

変な問題が出てきます。

3年に1回は合格率15%の当たり年があります。

確実に合格するためには外れ年でいかに合格するかの勉強をすることにかかって

まとめ

念頭に置いて対策することが1番の合格への近道です。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA