バイク

バイクdeお遍路を始めた理由

お遍路さんを実際に行うまでのハードルはどのようなものか個人的な一念発起した理由についてまとめてみます。

 

日本一周のパート

元々は日本一周をカブで行いたかったため、四国編と称して、四国を回るための題材としてです。

すでに四国は車で一周したこともあり行きたいところはすでに行き尽くしています。

 

 

さらに幼少期から何度か家族旅行の行き先だったため、有名どころも行っています。

四国で行きたいとかはどこかと考えてみました。

お遍路だったら、四国を一周できるちょうどよかったので、調べ始めました。

 

かっこよかったから

バイクでお遍路を調べると結構な数のブログが出てきます。

女性の先達もいらっしゃりいらっしゃり、比較的海外のバックパッカーひとり旅に比べると簡単な気がしました。

女性では唯一カナさんがバイクでお遍路さんをされてました。

そして、何より美人で、ブログで書いてあることが、ビシバシささる!

久しぶりにこうなりたいという理想の方でした。

、http://www.canalewis-bikeohenro.com

つまり、振り返ってしまえば、カナさんに強く憧れたから、お遍路したいと思いました。

 

 

ハンモサーフィン

それに加えて、『ハンモサーフィン』を使ってみたかったからです。

アドレスホッパーや多拠点生活が憧れのレベルではなく、体に染み付いた逃避癖があるため、「多拠点生活を働きながら実行したいんです!」と思っていました。

【アドレスホッパー向け】ゲストハウス泊まり放題のサービスまとめ【多拠点生活】

 

「1万円で全国どこでも滞在可能という夢のような生活は本当にできるのか?」「そもそもこのサービスは動いているのか?」と思ったため、四国に殴り込みに出かけました。

結果としては、非常にお遍路さんに最適でした。

年額12万円が浮くなら、民泊を実家でしてみてみようとも思いました。

 

日本の宗教体験を体感

また、根底には大学卒業の時に参加したテゼというキリスト教のイベントもあります。

テゼを指す言葉ではありませんが、1週間イベント設営のスタッフになり、年越しを行うというものです。

仏教、神道含め、ここまで深い宗教体験は初めてで、非常に思い出深いものになっています。

もう少し詳しく、テゼについて。

テゼとは、キリスト教の一派のフランスのテゼ修道院のことです。

特に若者向けのイベントで、あらゆる宗教と相互理解を深めようと、毎年、世界各地を順繰りに各国から来た人と年越しが行われています。

私が参加した年はスペインのバレンシアでした。

キャンドルナイト、ホームステイ、3食1週間、イベント実施の手伝いで約1万円で参加できる。

「これは行かなければならない!」と貧乏魂に火が付き参加しました。

歌が主なもので簡単なフレーズを覚えて歌ったりします。

 

真面目そうですが、年越しの瞬間はイケイケの音楽で陽気に踊ったりします。

かといって、イケイケのクラブのようなノリではなく、敬虔なキリスト教徒の集まりなので、非常に楽しく過ごせました。

 

ある程度の時間をかけた日本の宗教体験もしておきたいと思い、1週間かかるお遍路をしてみようと思いました。

 

自分探しの旅

ありがちなことですが、お遍路を通じて次の職を何にしようと考えたかったためです。

お遍路中の方、お接待してくれる方、ゲストハウスオーナー、宿泊者と話す機会はたくさんです。

無為に部屋でダラダラしているよりも、人との交流の中で自分を振り返ってみて、自分の気持ちをまとめたいと思ったからです。

追記「般若心経」への親しみ

私の弟は流産しており、水子供養されています。

母が毎朝、般若心経を3巻読むのが日課でした。

週末や英語教室の帰りは水子供養の祭壇(?)のような場所の近くを通るため、「弟くんに会いに行こう」と足を運んで、お参りしていました。

当たり前だったため、一度もあった記憶はありませんが、供養という意味で自然な生活でした。

だから、仏教に対して、抵抗感がなく、辛い気持ちを分かち合ってくれる超越的存在としての印象があったためだと、お遍路さんをしている間に感じました。

所謂、困った時の神頼みです。

シェアお願いします!

2件のコメント

  1. ブログ拝見致しました!!
    女性先達のCanaです。
    先日はコメントくださり本当にありがとうございました!!

    言葉では言い尽くせないほど嬉しかったです。
    女子一人大変な事、怖い事あると思いますが頑張ってくださいね!!
    大阪の地より毎日応援しております!!

    1. なくたぬき

      Canaさんに嬉しく思って頂けるなんて、コメントしてよかったです!

      まだまだ先は長いですが、頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA