本の管理
読書

読書法

私の読書法についてです。

アウトプットすることが読書を漫然と行い、分かった気になるだけではなく、身につける方法だと思っています。

小説や漫画は娯楽、現実逃避が主だった読む理由なので、純然なその時間を楽しむことです。 

 

読書のメリット

インターネットは浅い情報が多い。

良質な情報の正確性を検討するのに時間がかかる。

キュレーションが広告なしに体系化して読めるなら、安い買い物と思うようになりました。

理想

実際の読書法

Aネット検索or個人の評判

時間とお金を節約。

B図書館、本屋さんに行く

実際に見て、文体が合うか、納得して読み切れるかの判断をする。

図書館だとパラパラと全体を読んで概略だけ見ます。頭に全然入ってこないです。

ページ下を折りながら読む

感想書き込んだり、線を引く手間が嫌です。

本読んでたらシャーペンが何処かに行ってしまいます。

アウトプット

ブログに総論や感想、次に繋がることを記載します。

アウトプット超大事。漫然と読んでいる自分に気が付きます。

電子書籍vs紙書籍

電子書籍

【メリット】

場所の制約がない。

携帯持っていないことなんてないので、どこでと読める。

【デメリット】

全体感や自分が何を持っているか分からなくなる。

人に貸せない。

紙書籍

【メリット】

中古が安い

人と共有しやすい

【デメリット】

保管コストがかかる

整理が難しい

他のやり方

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA