仕事観

物流(ロジスティクス)おすすめ本3選

物流(ロジスティクス)は兵站のことを指していて、始まりは戦争の時の物流網についての言葉を指していました。

現代の物流業界で読んでおくことをおすすめする本について紹介します。

就活生も物流や花形の海運業界を志望する方に読むべき1冊をご紹介します。

コンテナ物語

ビル・ゲイツも勧めた世界的物流の名著。

論理的な展開で、コンサルの友人に読むことを勧められた本です。

物流の中でデータに基づいて書かれた数少ない良書。

物流業界に携わる人は、絶対読むべき唯一無二の本です。

物流業界の動向とカラクリがよ〜く分かる本

図解本で最新の書籍。

古すぎる情報はないので、安心の一冊。

古すぎるといっても、そんなに新旧の興亡が激しいわけではないので、1番見やすい本を読むのがいいです。

私は図表の好みから、こちらが読みやすかったです。

Shippioさんが紹介されていたりして、しっかりとトレンドを抑えているのも好感度大です。

転職の思考法

王道だけど、働き方について、考えを整理するための良書。

もちろん、物流業界でも、活きていく内容。

仕事への向き合い方について再考できるので、是非読んで欲しい内容です。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA