暮らし

タピオカ宜蘭@池袋【口コミ/評判/感想】

タピオカの新店舗がオープンしていたため、行ってみました。

池袋の中心から離れているため、いつもキャンペーンをしていて安い印象です。

開店の時は20%オフキャンペーンをしていました。

今日は雨の日だったため、黒糖ミルクが550円→400円。

他にもイチゴミルクなど4種類が400円でした。嬉しい雨の日割引。

感想

標準的なモチモチのタピオカで、全く硬くなっておらず美味しかったです。

売りは黒糖の味。

10軒以上タピオカ屋さんは行きましたが、1番美味しいです。

店内はかなり広く、イートインスペースもありました。

椅子もあり、ゆっくりと過ごせそうでした。

「ストロー刺さない方が映エル状態ですよ〜」とそのまま渡してくれました。

細かい心遣いも好感度大です。

SNSに載せると100円割引なので、是非写真を撮ってみて下さい。

後発組のタピオカ店ですが、近くにテイクアウトの唐揚げ屋さんもあるため、買い食いには嬉しい一帯です。

タピオカはもちもちでやや小ぶりです。

黒糖でしっかりと煮た味が出ていて、硬くなっていないため、美味しかったです。

池袋北口の『虎騎士』の「ジャスミンタピオカミルクティー」は煮出しすぎたエグい味がして、タピオカも硬く、美味しくなかったので、宜蘭は高評価。

東口すぐ近くの『パールレディ』は池袋で1番安い290円のミルクティと比べると天と地ほど違います。

パールレディは人工的な味で、「どうすればこんなに不味く作れるんだ…」と思うほどでした。

一方、宜蘭は素材の味をしっかりと感じられます。

ミルクしかり、黒糖しかり。

私の中で1番美味しいタピオカは台湾で飲んだ『幸福堂』のタピオカミルクティーです。

真夏にキンキンに冷えたタピオカで最高に美味しかったです。

今日は雨の日で肌寒い中、お店の暖房とタピオカの暖かさで、その美味しさ並みでした!

台湾系??

日本語のひらがなで「ぎらん」

横に書いている平仮名は「胡散臭い中国の日本語のようなフォントで怪しい…」と思ったのが率直な感想です。

宜蘭は台湾の県の名称です。

「奇麗湾珍奶文化館」というマイタピオカ作成に、タピオカ飲み放題という魅惑のタピオカミュージアムがある県です。

今調べて、次の台湾旅行で行ってみたくなりました(*´∇`*)

今日は航空便が遅延しており、ミルクティーなどの茶葉を必要とする商品は注文不可とのことでした。【2019.10.28】

4日後再訪すると、またもや同じ状況だったので、改善して欲しいです…

私は貿易系の仕事のため、「航空便で送るということは費用がかなり高くつく」イコール、誠実に味を守っているなという印象を受けました。

神保町にも店舗があるようです。

割引クーポン

割引のものであればコスパ抜群です。

頼んだのはタピオカ黒糖ミルクティー。

氷の量も少なめでよかったです。

いちごミルクティーはインスタ映え抜群です。

ホットペーパー(宜蘭)てSNSに上げると100円引きのクーポンがあります。

アプリ初回DL限定の半額クーポンもあります。

さらに、15日間、30日間の定期券がそれぞれ、3,000円、5,000円で販売しています。

正直、黒糖ミルク週一、3回は味に飽きてきたので、他の味もチャレンジしてみたいです。

看板・店内

ゆるいキャラが看板にはいるので、可愛いです。

店内には巨大タピオカ!

周辺スポット

真裏くらいにはテイクアウトできる唐揚げ屋さんもあるので行ってみてください。

1個150円で唐揚げが売っています。

まとめ

一見胡散臭そうですが、黒糖の味がしっかりとして、美味しいタピオカ屋さんなので、行って間違いなしのお店です!

是非見かけた際は入店してみてください!

評価概要
日付
宜蘭タピオカ@池袋
51star1star1star1star1star
シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA