通関

通関業界の入り方 【年代別・未経験】

通関業界への入り方について、現場で人手が足りなくなったときにどのような条件や年代が求められているかを紹介していきます。

未経験

未経験での通関業界は前提として、若くないと厳しいです。かつ、運転が好きな男性が好まれます。

男尊女卑ですが、男性でいない場合、体力があるアピールが必要です。

激務であったり、運転が多かったりするため、体力があることを前面に押し出した方がいいです。

ただし、ゆくゆくは緻密な作業を行うため、細かい作業を淡々と行えるアピールもおすすめです。

次の条件として、通関士資格を保有。

もしくは、カスタマーサービスなどの関連業務を行なっていた経験があることです。

20代

未経験での入社アピールと同様です。

入社すれば残業が多く、稼げるため、若いうちに稼ぎたい方は熱意をアピールして、複数社を応募してみることをおすめします。

30代

未経験のアピールに必要な体力自慢や運転好き、細かい作業が得意なことに加え、資格や関連実務がないと厳しいです。

正直なところ30代からは未経験では厳しくなります。

倉庫業務などの関連業務の場合、社内異動を訴えることが一番です。

ここからは通関士資格は未経験の場合、必須です。

40代

30代同様、未経験のアピールに必要な体力自慢や運転好き、細かい作業が得意なことに加え、資格や関連実務がないと厳しいです。通関士資格は未経験の場合、必須です。

50代

正直なところ、無理です。

50代は税関OBOGなどの半分天下りの様な方が通関業界に参入してきており、50代の入社はほとんど税関枠です。

税関への影響力や海運などの個人的な繋がりを求められます。

まとめ

年代別に通関業界への入り方をまとめました。

通関士の仕事内容の特徴である、体力とデスクワークが得意な経験を積み上げていく事が一番の早道です。

年代別では各年代に求められる体力、人脈、経験という生半可ではない未経験での入社方法についてまとめました。

特に未経験の場合、通関士資格は人手不足な会社に入試しやすくなります。

通関士には英語力は意外であるかもしれませんが、必要ありません。

通関士についてのすべての記事が見られます。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA